耐弾・耐爆試験代行

当社と委託契約を結んだ海外の特殊な試験施設において、銃・砲弾、爆薬等による貫通試験、耐破壊試験、ならびに威力測定などを代行いたします。

軍事施設や弾薬庫、政府重要施設、原子力発電所、大使館、刑務所、航空・鉄道関連施設、石油備蓄基地などテロの脅威の高い施設における建物等の対破壊性能(銃撃、砲撃、爆破等に対する抵抗力)の実射・実爆試験と超高速度カメラやドップラーレーダー式弾速測定など軍事レベルの高度な評価を行っています。

試験に使用する武器
銃弾:9ミリ拳銃弾から7.62mm、12.7〜14.5mm重機関銃
砲弾:20〜35ミリ機関砲弾 81〜120ミリ迫撃砲弾 105〜120ミリ戦車砲弾 150〜203ミリ榴弾  RPG-7ロケット弾
その他:手榴弾 対人地雷 対戦車地雷 IED (Improvised Explosive Device) FEP( Explosively Formed Penetrator) TNT火薬、C4爆薬、自動車爆弾(TNT 2t級)人体自爆爆弾
 
    
 
「爆弾用仮設防護壁」の爆破試験

 
爆破された「爆弾用仮設防護壁」※爆発は内側まで及んでいない

 
爆破された「爆弾用仮設防護壁」

 
爆破された「爆弾用仮設防護壁」

 
実際に爆発させた自動車爆弾(トランクに約30kgのTNT)

 
「耐爆壁・窓」の爆破試験

 
爆破後の「耐爆壁・窓」

 
「IED爆弾」に使用された105ミリ榴弾(訓練用ダミー)

   
EFP爆弾(訓練用ダミー)

   

耐弾・耐爆試験代行の詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

メールはこちらまで

 

 
Copyright (C) SECURICO Co.,Ltd. All rights reserved.