11/29/2010

BMW 7シリーズ サミット・エディション登場
BMWジャパンより、世界のVIPの命を守る、BMW 7シリーズ High Securityの風格のBMW 7シリーズ サミット・エディション 登場。

「11月13日から14日まで横浜で行われたAPEC(Asia Pacific Economic Cooperation アジア太平洋経済協力)首脳会議では、防弾車として採用され、APEC参加の首脳たちの移動を安全かつ快適にする任務を果たしました。」とありましたので、日本でもBMW-7 シリーズの 「760Li High Security 防弾B-6仕様車」が発売か、と期待して問い合わせたところBMW 7シリーズ サミット・エディションと銘打ってはいるものの、実際は防弾車では無いことが判明しました 。 ・・・ ガッカリ!!。

この車体の日本国内向けの定価は、税込み 10,980,000円。・・・この価格で防弾は不可能 ! 。
ちなみにドイツのホームページに掲載の5年落ちの中古防弾車 Pre-owned vehicles BMW 7 Series High Security (2005年). EN-B6 アサルトライフル対応レベルで、 Net price: 175.000,00ユーロ (Ex works w/o V.A.T) (税・諸費用別工場渡価格 ¥20,125,000円 (ユーロ/115円)と、ガッツリ価格になっています。

なお、BMWドイツ本社がネット上に公表している防弾仕様車、BMW 7シリーズ High Security(B-6 アサルトライフル対応レベル) 、BMW X-5(B-4拳銃対応) 、BMW X-5Plus(AK-47対応) 等の防弾車は、日本で購入できるのか、BMWジャパン関係者に問い合わせたところ、同社製の防弾車は、政府機関向け以外は輸入ならびに販売は一切していませんとのこと。

それでは「BMWのお膝元のドイツまで行けば買えるのか」と意地悪?に質問したところ、「輸入をしていない国へ持ち帰る(並行輸入)ための販売は無理でしょう」とのこと。 ・・・オットト そう来たか ! ! ! 。

やはりメルセデスベンツ同様、BMWもメーカー製の防弾車を、日本のディーラー経由で個人が入手するのは不可能なようです。 したがって個人のお客様で、ヨーロッパの自動車メーカー製の防弾車を入手するには、中古車市場からメーカー製品を探すか、さもなければコーチビルダー(改造業者)に新車を持ち込み、防弾車に改造して持ち帰るしか選択の余地が無いようです。

この場合注意しなければならないことは、、
1)ピンからキリまであるコーチビルダーの中から、「より良い仕事を、程よい料金でやってくれる」業者を探すことと改造車の平行輸入となります。
2)メーカーの無料保証(メーカー以外による改造はメーカーの保証が受けられません)の除外。3)正規ディーラーは並行品の修理をやってくれない。
4)当然修理部品も正規ディーラー以外のルートで独自に入手しなければならない。
5)改造業者が海外のため、改造部分のンテナンスが非常に困難である等、深刻なアフターケアの問題が生じます。

当社では、これらの問題を解決するためアメリカ、ヨーロッパの優良なコーチビルダー数社と取引を続けているほか、独自のルートで部品の供給ならびに、自社工場で直接修理やメンテナンスを提供しております。


ドイツBMW本社ホームページ BMW Security Vehicles  
http://www.bmw-security-vehicles.com/security_vehicles/en/index.html

BMW-7 シリーズ ハイセキュリティ (防弾車)の解説動画 U-Tube 
http://www.youtube.com/watch?v=o2Zvw1wYHQQ



セキュリコ トップページ